土日に借りるカードローン

カードローンを土日に契約する方法

カードローンの契約に関しては銀行のカードローンと消費者金融のカードローンで土日に契約が可能かどうかが大きく異なります。

 

基本的に消費者金融の場合は土日祝日でも契約が可能となっていますが、銀行のカードローンの場合は一部のネット銀行などを除き土日の契約が出来ない場合がほとんどです。その為土日に確実にカードローンの契約を行いたい場合は消費者金融のカードローンをチョイスする方が良いでしょう。

 

どうしても銀行のカードローンを利用したければネット銀行を利用すると便利です。その場合には契約する方法も重要になり、土日に関しては消費者金融の店舗は休みとなっているため、契約方法として挙げられるのは無人契約機を利用するかwebからの申し込みを行うかのどちらかが有効となります。

 

webでの申し込みの場合は365日24時間受付可能となっているため土日でも問題なく申し込むことが出来ますし、無人契約機に関しても午前9時〜午後22時頃まで利用可能ですし土日の利用も出来ますので、曜日を気にすることなく契約を行うことが出来ます。

在籍確認が出来るかどうかが重要

無人契約機やwebでの申し込みを行う場合、最も重要になるのが在籍確認という確認となります。この在籍確認は申し込みの段階で記載した勤務先に本当に在籍しているかどうかを確認するために電話を用いて在籍の有無を調べる方法となります。

 

その為平日であれば自分の勤務している会社も営業しているため在籍確認がスムーズに行えますが、土日の場合は勤務先が休みということも考えられます。土日営業している会社であれば在籍確認が行え契約も進行することができます。

 

しかし土日が休みの場合は電話での在籍確認が行えないため、審査もそこでストップしてしまうことになります。これは銀行の場合でも消費者金融の場合でも同様で、在籍確認が取れない限り土日の契約は行えません。

 

在籍確認の方法に関しては電話での確認がほとんどで、それ以外の方法での確認は出来なくなっています。唯一消費者金融のプロミスのみが電話以外での在籍確認が可能となっており、その場合にはwebからの申し込みか無人契約機での申し込みの段階で在籍が確認できる社員証などを提示することでそれを在籍確認として扱ってくれることになります。この場合電話が通じなくても社員証などが代わりとなるので土日であってもカードローンの契約を進めることが出来ます。

在籍確認の必要のない方法とは?

プロミス以外に土日に契約が可能なカードローンとしては、三井住友銀行グループのモビットが有ります。モビットは三井住友銀行グループではありますが扱いは消費者金融での扱いとなります。

 

モビットでの契約に関してはweb完結と言う方法を利用することで在籍確認の電話を必要とせずカードローンの契約が可能となります。必要となるのは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座の保有と、在籍確認の電話の代わりとなる社会保険証か組合保険証が必要となります。

 

この2点が揃っていることで土日でも在籍確認の電話の必要なくカードローン契約を進めることが出来ます。

ただし口座の開設に関しては土日の場合すぐに行えませんので事前に口座を開設しておく必要がありますし、身分証明書となるものは社会保険証と組合保険証以外は一切利用できませんので、アルバイトやパートなど社会保険に加入していない場合、組合保険に加入していない場合はモビットのweb完結の利用が出来ないことになります。

在籍確認不要のカードは?

セブン銀行

もう一つ在籍確認の必要のないカードローンがあり、それがセブン銀行カードローンです。セブン銀行カードローンはセブンイレブンのATMが利用できるカードローンで、在籍確認の電話がもともと必要ないカードローンとなっています。

 

必要となるものは身分証明書のみですので、土日に申し込みをしても在籍確認を心配する必要はありません。ただしセブン銀行カードローンの場合もモビット同様にセブン銀行の口座を保有していない場合には申し込みが出来ないため、事前に口座を開設しておかなければいけません。

 

カードローンとの同時申し込みで口座開設も出来ますが、その場合は日数がかかりますし口座開設のために本人の確認審査が必要となるので注意が必要です、それとセブン銀行カードローンの場合は利用できる限度額が最大で50万円までとなっていますので、モビットやプロミスのように増額を行うと言うことは出来ません。その為50万円までの少額利用で在籍確認を行わずに契約をしたいと言う人には向いていますが、50万円以上の利用を考えている場合はモビットやプロミスを利用するほうが良いでしょう。

 

土日のカードローンの申し込みが可能ということと、土日にカードローンの契約から利用までが可能ということは似ていますが全く異なりますので、申し込み前に土日の在籍確認がどうなるのかを確かめたうえでカードローンを選択する必要があるでしょう。